読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワークライフアンバランスなアラフォーが人生充実を目指すブログ

社労士が考えるこれからの働き方と生き方

安定したくて社労士を取ったけど実は安定を求めていなかった女の物語

ひたすら文系だった学生時代

フツーに生きてきたつもりだけど、いわゆる女の子遊びに興味がなかったらしいです。

中学生時代と高校時代はひらすら歌ってました。

演劇もしたり。それなりに部活頑張ってました。

大学時代は、本読んだり、演劇みたり、脚本家になりたいとか思ってましたね。

とりあえず活字は好きでした。

そしてお芝居も。今もたくさん見ます。

 

 

社労士までの道のり

それなりに楽しい学生時代でを過ごし、

新卒入社した会社は教材販売の超ブラック営業。半年でリタイア。

毎日終電で魂がゴリゴリと削られていきました。

「死にたい・・・無理です・・・・」

ブラック企業といいますが、働く人間の魂もブラックになっていくんですよね。

営業職の洗礼を受けて、早々に事務職にジョブチェンジ

とりあえずなんでも良かったんです。事務なら。

まあ、経験がなくても若さでなんとか事務の仕事にありつけます。

IT専門の派遣会社で労務事務をやってました。

まあ、給与は激安。未経験の事務職なんてこんなもんです。

そこから、私の会社ジプシー始まります。

ジプシーしつつもそれなりに危機感があったのと、

法律にも興味があったので、社労士の勉強をして苦節3年。

資格をとりました。これで私のこれからのお仕事安泰!!

というはずもなく、ブレブレの毎日です。

 

そもそも・・・・

組織で働くことが苦手のようです。

転職たくさんしてます。

一応職種は一貫してるから(人事職)いいよね。てへぺろ

という言い訳をし続けていろんな会社でお世話になりました。

一応全部社員で(という言い訳をしてみる)

そもそも会社員に向かない社労士、そして社労士として開業を目指しているわけでもない人が、

フリーの社労士というものになれるのか?そもそもそんなものは存在するのかわからないが、

「もっと自由に自分らしく稼ぎたい」をテーマにとりあえず書いてみる。そんなブログ(の予定)

あと、転職経験豊富な(全然いいことじゃないけど)私の失敗と成功の話を。