働くことは、生きること

ゆるめがいい。ゆる社労士がおしごとについて考えてみるブログ。

働くことは生きること

初めまして。アカオミワコともうします。

 

『働くことは生きること』

 

10年前くらいでしょうか?

ハケンの品格というドラマで主人公のスーパーハケンが放った言葉です。

 

この言葉がずっと私の頭の中に横たわっています。

働くことは生きるためには必要。

好きな仕事をして、収入を得て、自己実現できたら、それはとても豊な人生を送れるのでしょう。

 

でも、現実は生きるために働いている。。。。。

そんな人はたくさんいるし、自分もそうだった。今もそうかもしれない。

自分はどう生きたいか。自分はどうなりたいか。

その問いとどんな仕事をして、どういうスタイルで働くかは切っても切り離せないですよね。

 

この永遠のテーマを、

人事経験15年、社労士4年目の基本ゆるめに生きていきたい私がつらつらと書いてみようと思います。

誰かのお仕事や生きるヒントになったらうれしいです。

でも、基本ゆるいと思います(笑)